ぽかぽかライフ

ぽかーんとした日々の覚書

rainbow

借金返済を軽減していくコツ

キャッシングを利用しているうちに、この借金返済のため、複数の消費者金融から借り入れするようになり、毎月の支払い額が大きくなってしまったため、返済が困難になってしまったという話をよく耳にします。
しかし、だからといって、返済を滞らせてしまうわけにはいきません。
借金の延滞利息がどんどん膨らんでいってしまいます。
このような時は、どのような解決策があるのでしょうか。
解決策の1つに、借金を1本化する「おまとめローン」という手があります。
最近よく聞くワードです。
借金を完済できるように配慮されたローンを指します。
消費者金融や銀行系カードローンで、たいてい取り扱っています。
複数の借り入れを、1本にすることで、月1回の返済日となるため口座の管理がとても楽になり、生活にも余裕が生まれます。
また、借金を1つにまとめることで、場合によっては、今までの返済金額よりも軽減される場合もあるのです。
手続きが面倒そうということでしたら、来店不要のネットバンクがあります。
いちばんポピュラーなのは、「東京スター銀行」です。
融資額が、最大で1,000万円、年率が、5,8%~です。
この年率には、保証料年率1,2%を含んでいます。
申し込み方法は、インターネットを利用し、フォームから必要事項を入力して送信するだけ。
のちに仮審査の結果がメールにて届きます。
契約書類、必要書類を記入して郵送すれば、あとは本人確認の電話待ちとなります。
毎月の借金返済に悩んでいるなら、試してみる価値はありそうです。

借金返済

住宅ローン返済での悩み事

一生のうち、最も高額な買い物である人が大半である一戸建ての購入を2年ほど前に行ったのですが、やはり今更ああしておけば良かったなどと考える事があります。
その中で最も思うところがあるのが、やはり住宅ローンの返済に関する事です。
一戸建て購入の際、住宅ローンを金融機関で組む訳ですが、金融機関は私の年収と月々の手取りで月額を「計算」します。
しかし、それはあくまで「計算上」であり、私のその家族の住宅ローン以外の出費についてはさほど考慮されていません。
ある程度の平均値を出して、この金額なら払っていけるだろう的な考慮で組まれてしまうので、今後確実に無理が生じてしまいます。
幸い私は、住宅ローンの月々の支払いも年2回の賞与での支払いも、確実に安定した金額を手にする事が出来るので、ローンを払えないという事はないのですが、支払い金額の設定をもう少し考えておけば、毎月余裕を持って返済出来たのかも、と思わずにはいられません。
それに加え、お恥ずかしながら頭金もほとんど無い状態であった為、住宅ローンの支払い期間もそれ相応の期間となっています。
もし一戸建てを購入される際は、銀行や金融会社の設定を鵜呑みにする事なく、必ずまとまった頭金と余裕をもった月々の支払いを考えるようにするべきだと言えます。
住宅ローンが払えないで自己破産とか聞くと、ちゃんと考えずに住宅を買ったんだろうなと、思ってしまいます。

住宅ローン 払えない

自己破産によって生まれ変わった私

私は自己破産をする前は、知人や親戚中からお金を借りて、それが駄目になると複数の消費者金融でお金を借り、返済に困ったら更に他の消費者金融でお金を借りて、自転車操業的な借金の返済を繰り返していました。
借りたお金はすべて趣味の娯楽に注ぎ込み、借りたお金を返すことなどすっかり頭の中から消え去っていたのです。
やがて消費者金融の新規契約もできなくなり、当然のことながら借金の返済も破綻して、ついにはヤミ金にまで手を出したのが間違いの始まりでした。
ヤミ金の取立ては消費者金融などの返済の催促などとは比べ物にならないほど激しく、精神的に追い詰められた私は自殺すらも考えるようになりました。
それでも私は最後の希望として、弁護士事務所に相談を持ちかけたのです。
弁護士からは早期の自己破産を進められたのですが、ヤミ金の場合自己破産をしても無関係に取り立ててくるケースもあると聞き、私は必要な書類などをそろえた後、自己破産の手続きを弁護士に任せて、その後は遠い場所に引越しをして新しい生活を始めました。
慣れない土地での生活は苦しいものの、自己破産によって消費者金融の借金もなくなりましたので、なんとかやっています。
幸いなことに引っ越してからはヤミ金の取立てなどもまったくなく、私は生まれ変わったつもりで借金とは無縁の生活を続けています。
どうしても借金がかえせない時は、自己破産して生活再建を行うのも仕方ないと思います。
自己破産を考えている人は、弁護士に相談してみましょう。

自己破産後 生活

自動車保険に入ってよかったと思うこと

私は18歳で自動車の運転を始めました。
昨日まで学生だった自分が、ハンドルを握る事にはあまり不安はなかったです、運転免許書を持っているのだから当然の権利であると、思っていました。
今から振り返って考えてみると、なんと未熟な考えなのだと思い、ぞっとさえします。
車の購入と共に、親せきの伯父の勧めで、きちんと自動車保険に加入しました。
1か月1万円以上の保険料は相当な負担となりますが、必要経費であるとの思いから毎年更新をしてきました。
今まで、保険会社の方にもお世話になりました。
大きな事故ではなくても、不注意から接触してしまい、難しい処理も手際よく行ってくれました。
一人ではなかなか大変だったと思います、さすがプロだなと感じ、入っていてよかったと思いました。
それなので、自動車保険のありがたさを実感していたので、少しずつ補償内容も関心をもって、更新に努めてきました。
年齢が上がり、事故も起こさないと保険料が割り引かれて段々安い料金になっていくので、充実の保障へと、徐々にグレードをあげてきました。
今では、安心の保障が本当に安い保険料で得られるようになってます。
自動車保険加入当初は必要経費であるとはいえ、相当負担でしたが、安い保険料になるまで続けてきて本当によっかったです。
これからも、安全運転を心がけ、自動車保険ともうまく付き合っていきたいです。
でも欲を言えば、もう少し安い自動車保険が出ると嬉しいですね。

自動車保険 安い